医療費控除 予防接種について

医療費控除でお得に出産 赤ちゃんに予防接種を

出産時に医療費控除になるってみなさんご存知でしょうか。
その年(1/1~12/31)に出産育児一時金を差し引いて支払った医療費や医療関係の支出が家族全員分を合わせて10万円(所得が200万円以下なら所得の5%)以上ある場合は医療費控除の対象となります。
このとき、出産のときのタクシーの領収書、定期健診や検査などの費用も含まれますので領収書は大切に保管しておくことが大事です。
そして無事退院されたあとに新米ママさんが気になるのが、これからお子さんの健康にかかわる予防接種ですよね。
母子手帳を見ながらのスケジュール管理、お子様の体調管理など新米ママには肩の荷が重い・・と言うところでしょうか。
ワクチンを使って予防や重症化を止められる病気は是非とも受けてあげたいですよね。
ワクチン接種のスタートは生後2か月のスタートダッシュが肝心です。
0歳児では6~7種類、接種回数は15回にものぼります。
赤ちゃんの体調にもよりますが、おすすめは生後2か月の誕生日スタート。
これならたくさんある予防接種も余裕をもって取り組めそうです。
赤ちゃんのうちからかかりつけの小児科を作っておくと、予防接種のスケジュールなど相談にものってくれますので、是非身近に相談できる医療機関にご相談ください。

Copyright© 医療費控除 予防接種 All Rights Reserved.