医療費控除 予防接種について

予防接種は確定申告の医療費控除の対象となるか

医療費控除とは、確定申告などで一年間にかかった費用を医療費として申告を行い、税金の負担を軽くするものです。
その医療費が控除の対象となるか否かについては、医師また歯科医師にかかっていること、治療または療養であること、病院、診療所又は助産所という三つの視点で考察する必要があります。
例えば、インフルエンザのシーズンなどでは予防接種が盛んに行われますが、それは医療費控除の対象になるのかの疑問が生じます。
病院などの医療機関に赴いてワクチンの接種を受ける形となるからです。
これについては、上記の治療又は診療に該当するか問題となります。
予防接種は主にインフルエンザにかかる前に予防的措置を目的として行なわれるものです。
目的は治療と言うよりも健康維持のためという目的となるため、治療に該当せずこれを医療費控除に含めることが出来ません。
従って、確定申告では認められない費用となります。
一方ではドラッグストアで風邪をひいたので風邪薬の購入は、明らかに治療目的があるため、それについては控除を認めると解釈されています。

Copyright© 医療費控除 予防接種 All Rights Reserved.